結婚式の豆知識

LINEで送る
Pocket

ご祝儀やお祝いの品にかけるのし紙には、必ずと言っていいほど、水引が描かれています。

さて、水引の「結び切り」と「蝶結び」。御祝の席にふさわしいのはどちらでしょう?

 

正解は、「結び切り」

最近では、とてもオシャレなものがありますが、水引は目的に合わないものを使ってしまうと大変失礼にあたってしまいます。
結婚式には、必ず「結び切り」を。
水引を細結び(堅結びとも)にしたもので、一度結ぶと解けません。「二度と繰り返さないでほしい」という想いが込められており、婚礼の席にふさわしい結びです。
「蝶結び」は何度も結びなおせることから、「何度あっても嬉しい」という想いが込められており、出産・出生・進学などの慶事(お祝いごと)に用います。「花結び」とも言われます。
結婚式では、「結び切り」失礼が無いように細心の注意を払いましょう。

 

im-b3-02